ノンカフェインのダイエット茶がベスト

ダイエットのためにお茶を選ぼうという人は、おそらく薬っぽいものに頼りたくないという健康志向の人が多いでしょう。
そんな人が気になるのはそれぞの成分はもちろんのこと、やはりカフェインについて。
カフェインには脳の覚醒作用や利尿作用がありますが、中毒症状があり依存性を発する危険性も指摘されている物質。
そこまで大量摂取しなければ大丈夫とは言われていますが、やはり気になる部分です。

カフェインは、緑茶や紅茶にはかなり多く含まれているのですが、同じく茶葉に含まれるタンニンによって作用が和らげられることがわかっています。 適量の摂取であれば眠気覚ましや頭痛の緩和、疲労の回復など良い面もたくさんありますが、過剰になると胃痛が起こり、貧血や不眠、ひどい頭痛の元にもなります。 特に女性はメラニン色素の拡散作用があるので、シミが増えるという美容的な怖さもありますね。
ダイエット茶には、ノンカフェインのものもあります。 茶葉としてはルイボスティー、ヤーコン、よもぎ、杜仲、ウコン、ハトムギ、ドクダミ、ギムネマ、たんぽぽなどがありますね。 比較的西洋のハーブティーにはノンカフェインのものも多く、カモミールやローズヒップ、ペパーミント、レモンバーム、ハイビスカスなどは日本でもとても人気があります。
最近開発されたダイエット茶などは女性の冷え性などを意識して、ノンカフェインのものがたくさん販売されています。
ノンカフェインなら夜寝る前に飲んでも睡眠の質を下げることはありませんので、安心していつでも飲めるのは良いことですね。

ダイエット茶の選び方

ダイエット茶を選ぶなら、自分がどういった効果を求めているのかをまず自分で整理したほうが良いでしょう。
甘いモノがキライで、アルコールも飲まない、しかもごはんなど炭水化物もあまり食べないという人が、糖分の吸収を邪魔するお茶を飲むのは良いことではありません。
お茶はもちろん薬ではありませんが、使われる野草は漢方や薬にも使われる成分を多少なりとも含むものです。
求める効果をはっきりさせたほうが、より良い結果が出るのは当然でしょう。

大体良さそうだなと思うお茶がいくつかに絞れたら、後は好みで選んで問題はありません。 やはりお茶は飲み続けてこそ効果が出るので、味が美味しくないものではまず続かないのも確かです。 ダイエットのため・・・とは思っても、1週間続けるだけでも辛いものではまずギブアップでしょう。 実際、成分に特化した市販のお茶などは、人によってはかなり飲みにくい味になっている場合もあります。
あとは、毎日のことですのでコストも大事です。 インターネットなどで購入出来るダイエット茶の場合、定期的なコースにするとかなりお得な割引になるものもありますので、最初に飲んでみて続けられそうだなと思えば、切り替えたほうが良いでしょう。
体質に合うかどうかはとても大きいですから、いろいろな茶葉がブレンドされている製品の場合には、ひとつひとつ原材料を確認しましょう。 また、肝心の原材料があまり入っていないものでは、どんなに飲みやすくてもあまり効果は期待出来ませんので、配合比率もチェックです。

こちらのサイトは配合成分まで書いてあるので参考にできますね。
ダイエット茶で痩せる[効果で選ぶ人気のお茶ランキング]

ダイエット茶の効果的な飲み方

ダイエット茶は、それぞの茶葉のもつ特徴を活かすために、飲むタイミングや飲み方に指定がある場合があります。
例えば冷たくして飲むとあまり効果はなく、熱湯で淹れたほうがより効果的なものや、食中より食後、食前に飲むほうが効果的な場合などがあります。
これは、飲んだお茶の成分が体内でどのようにはたらくか、時間差なども含めて研究された結果である場合が多いですから、それを無視して自分勝手な飲み方をしても、あまり効果が得られない可能性が高いです。

また、脂肪を燃焼させる効果の高いダイエット茶なら、運動をする前に飲むことで効果を高められる可能性が高いです。 ウォーキングをする時に飲んで出かけたり、出勤の前に飲んだりすることで成果を出しやすいかもしれませんね。 外食でタップリ良からぬ食事をしてきた後なら、寝る前に飲んでおくほうが良い場合もあります。 ケース・バイ・ケースでより効果の高いタイミングを知っておくと良いでしょう。
飲む量を守ることも必要です。 お茶ですから、かなり無茶な飲み方をしない限りはそんなに大変な健康被害が出るとは考えにくいのは確かですが、あまりたくさん飲んでもトイレで出るだけですし、成分によっては胃腸が刺激されて調子を壊してしまう場合もあるでしょう。 なにごともほどほどに、一気に大量摂取して良いものはまずありません。
ほどほどにするのは、量もそうですが濃さもそうです。 濃ければ濃いほど効きそうですが、これも大量摂取と同じことになってしまいます。 自分の身体が外敵とみなしてしまうほどの極端な摂取に良いことは何もありません。 慣れるまでは薄めにしておいて、徐々に様子を見るなどの予防策を取るのがベストですね。
Copyright(c) 2014 ダイエットに効くお茶ランキング~ノンカフェインでダイエットに良いお茶は? All Rights Reserved.